紙袋には、どのような紙が向いているのか

アパレルのお店やお菓子屋さんなどで買い物をした時に、商品を入れるために紙袋がよく使われます。紙袋は素材が丈夫で、尚且つ印刷にも適応している紙を使用しなければなりません。

紙袋には、主にクラフト紙系がよく使われています。クラフト紙は、強度があるので荷物を入れるのに適しています。表面に少しざらつき感はありますが、印刷も可能です。

店舗の宣伝に役立つワンポイント紙袋

ワンポイント紙袋とは、店舗のロゴや店名が入っているオリジナルの紙袋です。一目でわかりやすいので、買い物をした人が持ち歩いて入れば、お店の宣伝になります。魅力的なロゴデザインなら、商品に興味を持ってくれる人もいるでしょう。ただの紙袋ではなく、ポスターとしての効果も絶大です。店舗のサービス内容にも合わせたデザインで印象を惹きつけ、集客率をアップさせることにも繋がります。

ワンポイント紙袋は、さまざまな印刷や加工法があります。UV印刷は、紫外線を用いた印刷方法で、光を当てると艶が出て角度により輝きを増すので人気です。

さらに高級感を出したい時には金箔を用いた「箔押し」、ロゴや文字の部分を少し浮かせて立体感を出す「浮き出し」などがあります。

高級ブランドに使われるオリジナルショッパーの特徴

オリジナルショッパーとは、アパレルやコスメの商品などに使われるオシャレな販促バッグです。紙質は、ブランド店のように高級感を持たせたい場合は、印刷が綺麗にできるようなコート紙系が良いでしょう。写真入りやグラデーション表現ができ、デザイン性にこだわった印刷が可能となります。

紙袋の印刷を頼めば、手提げ袋やこだわりのデザインの入った紙袋など、オリジナルな紙袋を安価で制作できます。