どんな内容で検討をするのか決める

最初に決めることとして事業継承をするときに後継者を見つける、経営者が違うことをしたくなったといった理由を明確にします。これによりどのような判断を下せばいいのか把握しやすくなるのが特徴です。継承に最適な会社を見つけるために必ずしておく必要がある、スムーズに継承先を探すことができます。

売買のメリットを紹介します

会社を売却することをM&Aと呼んでいます。売却をするメリットですが、会社の技術やノウハウ残るのが特徴です。雇用も残る特徴を持つのでそのまま事業を続けることができるため、会社を立て直すときの面倒な作業が必要ないのがメリットと言えます。お客様から仕入先まで引き続き継承できるので会社全体に影響が出にくいのも強みです。デメリットと呼ばれる部分はかなり少ないので検討してみましょう。

精算をするとどうなるのか

精算は会社自体を廃業するのが目的です。原則として借金を無くさないと精算は不可能、赤字の場合は社長の資産や会社の不動産権利を売却して補える可能性もあるのが特徴となっています。ただし負債があるときには注意が必要、債権者が話に入ってくるので気をつけるといいです。

身内でM&Aできるので安心です

今経営をしている人で親が別の会社を経営しているときは親族にM&Aを持ちかけることができます。子供の会社の株を親の会社に買い取ってもらい継承する手段なら親族への敬称になるので安心です。これはシナジーを見込む事ができる可能性が高い、うまく行けば親の100%子会社になるのでそのまま小会社の社長になることが可能となっています。

事業承継とは、会社の経営者を後継者に引き継ぐことを言います。誰を後継者にし、事業を引き継ぐかは重要な経営課題になります。