リーダーの重要性とは

新入社員は、配属先が決まる場合もある重要な研修です。入社直後で緊張するのもわかりますが、できるだけ積極的な態度で挑みましょう。まず重要になるポイントは、リーダーの立候補です。グループ研修の場合は、高い確率でリーダー選出を行わなければなりません。誰かに任せるのも間違いではありませんが、できることなら自分が立候補しましょう。人事担当者にも、積極性をアピールできますよ。

できるだけ多くの意見を参考にする

続いてのポイントは、グループ課題の進め方です。提案型の新入社員研修は、最終的に何かしらのアウトプットをしなければなりません。プレゼン当日に失敗しないためにも、的確に意見をまとめましょう。そのためには、グループメンバーの意見をしっかり考察します。自分だけがしゃべり続けるパターンは、よくある失敗例です。リーダーに立候補した場合は、バランス良く話をフリ、キッチリとまとめる決断力が求められますよ。

横のつながりを形成する

そして人脈形成のポイントもあります。この新人研修は、横のつながりを形成できる絶好のチャンスです。企業の中には、泊まり込みで研修するケースもありますよね。同じ部屋になった社員、同じグループになった社員に関わらず、できる限り多くの社員と知り合っておきましょう。将来、業務上で何かサポートをしてくれるかもしれません。以上が、新入社員研修を受けるための心構えです。積極性をアポールすれば、人事にもしっかりアピールできますよ。ぜひこの方法を実践してみましょう。

管理職研修と言えば、新任の管理職や、既存の課長といった管理職の方を対象にスキルアップや意識向上を図るものです。