少しずつ事業を大きくしていこう!

会社を辞めて起業をしたい、でも、うまくいかず大きな損失を出したらどうしよう、そんな風にリスクを恐れて起業をためらっている方もいるでしょう。そこで、いきなり起業するのではなく、副業から始めてみるのはいかがでしょうか?副業から始めてみて、利益が出て、可能性を感じられたら、起業という形にしてみるのです。そして、その事業を少しずつ大きくしていけばいいのです。反対に、うまくいく見込みがないのなら、撤退して別のビジネスを考えてみましょう。そうすれば、取り返しのつかない損失を被ることはありません。小さく副業から始めて、徐々に大きくしていくことなら出来そうに思えてきますし、損失をそれほど恐れる必要もありません。

起業は何度もトライできるようにしておくことが重要!

1回の起業でいきなりうまくいくケースは稀です。実際、起業で成功した人たちは、何度も挑戦して最終的にうまくいっているケースが多いようです。そして、起業するときにはリスクをとる必要があるといわれます。確かにリスクを全くとらずして、起業することは不可能です。しかし、リスクが大きすぎると、うまくいかなかったときに再起が不能になってしまいます。そこで、起業するにあたっては、リスクは限りなく小さくとることをお勧めします。リスクをとったとしても、そのリスクを小さくしておけば何度も起業にチャレンジできます。たとえば、起業のための資金が300万円あるとしたら、100万円でまず起業してみる。だめなら、もう一度100万円で起業する、というようにリスクを小さくして何度も挑戦できるようにしておくのです。そうすれば、うまくいかなかった経験を次に生かして、再度挑戦することができ、成功の可能性も高くなるでしょう。

フランチャイズは独立したい人には大変便利なシステム。ただ独立する前に業界をしっかり経験して自分があらゆる事に対応出来るようになってから独立したほうが良いでしょう。