出入りが多い職種に!リアルタイムでメッセージ送受信

さまざまなタイプの社内SNSがありますが、短いメッセージをリアルタイムでやりとりできるものは、営業職などの出入りが多い職種におすすめです。スマホにアプリを入れるだけで、リアルタイムでメッセージのやりとりをすることができます。例えば、社内にいる人が外出している人宛ての急ぎ電話を受けたとき、このタイプのSNSを使えば折り返しの連絡をしてほしいということはもちろん、必要があれば先方の電話番号を伝えることもできます。スマホであれば、そのままタップで電話もかけられるのでとても便利です。また、社内に戻ってから至急で相談したいことがある場合など、スケジュール共有も簡単です。グループを作ることができるので、バラバラに外出先にいるメンバー全員に伝えたいことがある場合なども重宝するのではないでしょうか。

あちこちに拠点があるなら、共有できる掲示板タイプを

全国のあちこちに拠点があるような会社でおすすめなのが、掲示板タイプの社内SNSです。スレッドを立てて書き込むことができたり、メッセージの送受信も可能です。資料の共有なども簡単にできるので、会議前に共有しておくということもできます。また、カレンダー機能が一緒についているものだと、メンバーのスケジュールも一目瞭然です。ミーティングの依頼や来客対応の予定も必要な人のスケジュールに加えることができ、相手に通知も届くので休みがバラバラな職種にも良いですね。

情報の管理には気をつけて!

顔を合わせる時間がない場合でも、コミュニケーションが取れるのが社内SNSの良いところですが、情報の流出には注意を。IDやパスワードなどで管理されてはいるものの、いつどこでもれてしまうか分かりません。情報管理に気をつけて、スムーズにスマートに働きましょう!

今や社内のSNSといえば色々なアプリケーションがあるかと思います。メールやメッセージをいちいち打ち込むのは面倒なのでそんな時アプリをダウンロードして社内SNSを作るのが便利です。