まずは研修の目的に合った講師を選ぶ

社員研修で講師を選ぶ場合は、まず研修内容に見合った相手かどうかを検討する必要があります。講師と言ってもその人が得意としているジャンルや分野は異なりますし、どのような業種向けの研修を行うのかも講師によって違ってくるようです。このためまずは自分たちがしてほしい研修内容とマッチした講師かどうか、してほしい研修内容に対応してもらえるのかどうかを事前に打診しておくのが大切だとされています。場合によっては研修内容はマッチしていても、業種が異なるとして違う講師を推薦される場合もあるようです。

社内の講師を選ぶ場合は

社員研修はその規模によっては、社内の人間を使って研修が行われる場合があります。社内で講師を選ぶ場合はある程度研修内容について熟知している人であることはもちろん、柔軟に対応できるかどうかもポイントとなっています。特に質問を受けた場合に細かな対応ができるのかどうか、研修を受ける社員と同じ目線で講義ができるのかどうかなどの点を踏まえて選ぶのがおすすめです。

社外の講師はスケジュールなどもチェックする

また社員研修を社外の人間に講義してもらう場合には、相手のスケジュールや予算が自分たちの都合と合っているのかどうかも重要だと言われています。社員の人間であればある程度スケジュール調整ができますし費用を捻出する必要はないのですが、社外の人間の場合は社員研修に合わせてスケジュールを調整してもらったり出張費用などを出さなければいけません。場合によっては昼食代や雑費なども支払う必要があるので、その点も注意して選ぶ必要があります。

mg研修はかつての研修内容と異なって来ています。管理職が管理する人員が増加傾向にある上、年上の部下や外国人の部下などがいるケースもあり管理職として様々な管理能力を学ぶ必要が出てきています。