成長するには十分な時間

生活するためのお金を稼ぐために仕事をするのであれば、多くの人は1週間で数十時間と働くことになるでしょう。つまり、多くの時間を使用することになるので、お金のためだけに働くよりは成長することも意識しながら仕事に取り組む方が価値のある時間の過ごし方となります。ですから、やるべきことを淡々とこなすよりは改善点を考えたり、自分だけのオリジナルのやり方を考案したりといった仕事の取り組み方を推奨します。成長を意識している人と何も考えていない人では、同じ労働時間でも身に付けられる能力や技術には差が生じます。考えながら仕事をするのは頭を使うので大変な面はありますが、今後の仕事や人生にとってはプラスになるでしょう。

効率化を意識することが大事

仕事とプライベートを両立させるためには、仕事を効率化することが大事です。これまで完了させるために1時間使っていた仕事を10分や20分だけでも短縮させることができれば、他の仕事に充てられる時間が増えます。すると、残業しなければならない状況が改善したり、定時で帰宅してプライベートな時間を満喫したりなどが可能となります。すでに効率化している仕事はあるでしょうが、まだ手を付けていない部分やどのように手を付けるべきかわからない部分が残っているのであれば、効率化を実現させるために取り組みましょう。ただ、全ての仕事を効率化すれば良いというわけではないです。内容によっては時間をかけるべき仕事もあるので、見極めを誤らないように注意が必要です。

「ワークフロー」とは、企業が行う業務の手続きを自動化したり手順を規定すること。またはそれを図式化したもののことを指します。情報や業務が円滑に流れるようにすることが目的です。